パンプス特集

2018年06月03日

三大油

林修の今でしょ講座3時間スペシャルで油が健康長寿に有効であるという特集をやってみました。どういうことかと思っていたら、油自体には健康に必要な3つの役割があるということも説明されていました。

1.脳を正しく機能させる
2.皮膚、細胞の保護
3.体内のエネルギー源

いずれも健康にとっては重要なものばかりに見えます。それでこの中で、心臓や血管、脳、肝臓、肌を老けさせない三大油というものが出ていました。


亜麻仁油

亜麻仁油を詳しく見る

・αーリノレン酸が含まれており、これには血管、脳の老化を防ぐ効能が期待されている
・加熱に弱いので、炒めものには使えない。

※ただ、炒めものはNGというわけではなく、炒めものの調理が終わった後に、調味料として加えて混ぜてから食べるというのはありとも言われていました。

亜麻仁油を詳しく見る

ごま油

ごま油を詳しく見る

・セサミンが含まれており、肝臓、皮膚の老化を防ぐ効果が期待されている
・1日の摂取量は小さじで1杯程度。摂りすぎに注意

ごま油を詳しく見る

オリーブオイル

オリーブオイルを詳しく見る

・オレイン酸が含まれており、内臓脂肪を減らし、心臓を守る働きに期待されている
・加熱にも強いため、料理への汎用性が高い

オリーブオイルを詳しく見る




油を使うものは天ぷらとかから揚げとかおいしいものに使われるのでそれに使う油を上記のものに入れ替えるだけで、健康に良いものに変わると考えると、取り掛かりやすい健康方法ともいえると思います。
posted by とくさん at 18:30| 健康